【勉強会】「try! Swift Pre Talks 2019」まとめ

2019/03/19(火)に行われた「try! Swift Pre Talks 2019」のまとめです。

ハッシュタグは#tryswift_preです🐦

イベントページはこちら↓

開場

  • 時間:19:00-

会場はDeNAさんでした。様々な勉強会を運営してくださり、ありがたい限りです。

スポンサートーク

  • 時間:19:30–19:46

DeNAさんとTwilioさんによるスポンサートークが行われました。

LT

  • 時間:19:46–21:14

※各LTごとの感想は未記載です。後ほど復習時に追記していきたいと思います。

継続渡しと契約による設計

次世代の非同期処理はこうやって使い分ける!

iOS SDKの歴史からSwiftでのAPI命名について考える

Swift4.2で追加されたDynamic Member Lookup を使ってみよう

Dynamic member Lookupのswift-evolutionはこちらです↓

Qiitaにも記事を書かれています↓

あなたはどう書き、なぜそう書くのか?

  • 発表者:shizさん(@stzn3)

Further tests — testing basics

  • 発表者:ha1f(はるふ)さん(@_ha1f)

スライドが見つからなかったため、割愛させていただきます。

Xcodeの [Debug Memory Graph] を使った華麗なるデバッグ

Swiftにおける経過時間の計測

アプリの起動速度と Dynamic/Static Framework の関係を紐解く

try! swift-sh

swift-shのライブラリはこちらです↓

Implement P2P connection and stream your content

Swiftを利用したサーバレスアプリケーション開発の可能性

Developing Apple Pay In-App Provisioning With Sandbox App

懇親会

  • 時間:21:14–22:00

いろいろな方とお話しできて楽しかったです。Azureについて数人の方と話せたのが嬉しかったです。

おわりに

try! SwiftのLTに応募されたということで、レベルの高い内容でした。追い切れていない内容もあるので、スライドを見て復習したいと思います。

iOSアプリを開発しています。Swift楽しい✨ Qiita:https://qiita.com/uhooi 趣味:テニス、アナログゲーム

iOSアプリを開発しています。Swift楽しい✨ Qiita:https://qiita.com/uhooi 趣味:テニス、アナログゲーム