【勉強会】「わいわいswiftc #23」まとめ

2020/12/04(金)に行われた「わいわいswiftc #23」のまとめです。

ハッシュタグは#わいわいswiftcです🐦

イベントページはこちら↓

「わいわいswiftc」とは?

Swiftコンパイラ(swiftc)に関する勉強会です。

説明には「初心者・上級者を問わず」と書かれていますが、募集内容に「ガチ勢」と書かれている通り、かなりガチな勉強会だと思います。

私は今回が初参加です。
勉強会の存在は知っていたのですが、ガチなので参加しづらかったのと、今やっていることで精いっぱいでswiftcにまで手を出す余裕がなかったです。

参加を決めた理由として、最近Swiftで競プロ(AtCoder)を始めたのですが、ちょうど競プロについてこひーさんがお話しすると伺ったためです。

トーク

競プロと最適化について

  • 時間:19:30–21:00
  • 発表者:こひーさん(@koher)

スライドは上げられていないようです。

競プロとSwiftの最適化についてのお話でした。

DiscordでのコミュニケーションがメインなのでTwitterの投稿は少ないですが、ツイートを紹介します。

SE-0283 Tuples conform to Equatable, Comparable, and Hashableについて

私は21:30頃に抜けてしまったのですが、その時点ではこひーさんのお話が続いていました。

TwitterやDiscordを見る限りだと、kateinoigakukunさんのお話はできなかったようです。

おわりに

こひーさんのお話を聞いて、Swiftで競プロをする人が増えると嬉しいです!

後半はswiftcの世界に入ったので、聞くか迷ったのですがついていけないのと、みんなで解いた競プロの問題をもう少し自力で考えたかったため、途中で離脱しました。

居残りの結果、何とかABCのC問題をきれいに解けました。

最終的には約数列挙を関数化できました。

rounded(.down) は使おうか迷ったのですが、他の言語でも一般的な floor() のままとしました。

ちなみに次回の登壇者を募集中とのことです。

もしswiftcのお話をしたい方がいたら、この機会に登壇すると運営の方が喜んでくれると思います!

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store