【勉強会】「YUMEMI.swift #5 ~Free Talk~」まとめ

2019/11/29(金)に行われた「YUMEMI.swift #5 ~Free Talk~」のまとめです。

ハッシュタグは#yumemi_swiftです🐦

イベントページはこちら↓

LT

  • 時間:19:55–20:00
  • 発表者:YoshiharuYamadaさん(@seijin4486)

スライドは上げられていないようです。

  • 時間:20:20–20:25
  • 発表者: s_nakamuraさん(@Shoryu0831)

スライドは上げられていないようです。

懇親会で伺ったところ、資料の見せ方がそうなっているだけで、実際はViewのviewDidLoadからpresenterのメソッドを呼び出しているとのことでした。

  • 時間:20:25–20:35
  • 発表者:Sam Akadaさん(@sam_akada)
  • 時間:20:35–20:40
  • 発表者:hironobuigaさん(@iganin_dev)

SE-0242

SE-0068

「パラメタライズドテスト」というテスト手法について話させていただきました。

Markdownで資料を作成し、vim-showtimeというプラグインを使ってMacVimで発表しました。

ゴリラ.vimという勉強会でVimで発表されている方を見て、私もやってみたいと思ったのです…!

元のMarkdown↓

サンプルコード↓

可読性が上がるアドバイスを頂きましたので、サンプルコードに反映しています。

5分のLTでは伝えられることが限られるので、「パラメタライズドテストのよさを知ってもらう」ことにのみ思いを込め、他は楽しめるような構成にしました。

Twitterや懇親会の反応を見る限り、楽しんでいただけたようでよかったです。

おまけ

懇親会

  • 時間:20:45–21:30

LT前からありましたが、サンドウィッチがデプロイされました🥪

一口サイズで食べやすく、とても美味しかったです✨

懇親会では、主にiganinさん、おえねこさん、SHORYUさんとVIPERについて話していました。

VIPER以外にも、みなさんのiOSアプリ開発における知識がすご過ぎて、非常に充実した時間を過ごせました。

AppDelegateの肥大化を防ぐため、「AppRootViewController」と呼ばれる空のViewControllerに処理を逃がすデザインパターンがあるそうです。
ただ、ググっても詳細はわかりませんでした、、

「@IBDesignable」による再ビルドでStoryboardが重くなるのを防ぐため、Embedded Frameworkにファイルを分ける手法があるそうです。
私はEmbedded Frameworkを作ったことがないのでわかりませんが、Storyboardでなく「@IBDesignable」を付けたクラスがあるファイルを切り出すとのことです。

構造体はメンバーワイズイニシャライザが自動生成されますが、構造体がpublicでもinternalで生成されるようです。
私は構造体をpublicにすることがないので知らなかったのですが、使いづらい仕様だと思ってしまいました。

ゆめみのn_komiyaさんやよっしーさんともお話しできました。

懇親会でお話しした方は、ほぼ全員と初対面だったのですが、楽しくお話しできてとても嬉しかったです。

おわりに

Image for post
Image for post

Written by

iOSアプリを開発しています。Swift楽しい✨ Qiita:https://qiita.com/uhooi 趣味:テニス、アナログゲーム

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store